個人事業主は借りにくいのか

消費者金融でお金を借りるには、条件があります。各社多少の違いはあれど、成人していて安定した収入がある、という条件はおおむね統一されています。安定した収入があれば、正社員はもちろん、個人事業主やパート、アルバイトなどのフリーターから主婦まで、みんな申込みが可能です。

 

ところで、普通に勤続しているサラリーマンと個人事業主では、どちらが審査で有利だと思うでしょうか。一概に言えない部分もありますが、実はサラリーマンの方が審査では有利だとされています。

 

個人事業主の方が自由に使えるお金も多く、収入も多いと考えられがちです。しかし収入の安定という面で考えると、サラリーマンの方が有利だと判断されます。個人事業主の場合、特に小規模であれば業績によって収入が大きく変わってきます。その点サラリーマンなら、業績に変動があっても簡単には給料は下がりません。

 

消費者金融の審査では、収入が多いかどうかよりも安定しているかどうかの方が大切だと判断されます。

 

とはいえ個人事業主だと消費者金融で借りられない訳ではありません。個人事業主だから借りられる、借りられないというわけではなく、あくまでもそれは判断基準の1つに過ぎません。個人事業主でも消費者金融を利用している人はたくさんいます。
千葉のプロミスなら借りられます